RS CSV Importer Media Add-On 1.0.0 をリリースしました。

最近はconcrete5でおなじみの菱川さんが作った、Really Simple CSV Importerというプラグインがありまして。よくお世話になってます。

この間、画像データを投稿に紐付ける必要がありまして。

出来れば画像はWordPressのメディアとして管理して、カスタムフィールドに画像のIDを突っ込めればなー。カスタムフィールドにURL突っ込めばダウンロードしてこれないかなーって要件がありましてた。

ということで、Really Simple CSV Importerのアドオンプラグインを作りました。

RS CSV Importer Media Add-Onというまんまな名前のプラグインです。

一昨年くらいにフォークしてその機能をつけたりしてたのですが、URLをそのまま使いたいこともあったりで、アドオンにしておいた方がいろいろ便利だなと言うことで。

使い方

Really Simple CSV Importerをインストールして有効化した後、RS CSV Importer Media Add-Onをインストールして有効化して下さい。

その後はReally Simple CSV Importerの使い方と一緒です。カスタムフィールドの欄に画像などWordPressのメディアとして扱えるファイルのURLが存在した場合、ダウンロードして記事のカスタムフィールドの値をメディアのIDに変更します。

CSVのサンプルはこちらを参考にして下さい。https://github.com/torounit/rs-csv-importer-media-addon/blob/master/sample/linux.csv

IDにして保存するので、モンキーレンチのキタジマさんSmart Custom Fieldsとも相性が良かったりします。

インポートするファイルの拡張子の設定

really_simple_csv_importer_media_ext2typeというフィルターフックを作りました。

これにフックすると、インポートするファイルの拡張子を変更することが出来ます。これで、画像はダウンロードするけどPDFへのURLはそのまま、みたいなことも出来るようになってます。

Sample Code

使い方wp_ext2typeへのフックと変わらないです。というか内部的にはこれ使ってます。なのでデフォルトでは、wp_ext2typeが許可しているモノを全て許可します。svgなどWordPressがアップロードを許可してないモノはまた別に設定が必要です。WordPressの管理画面からアップロード可能なモノのみ受け付けます。

レポジトリ

Github: https://github.com/torounit/rs-csv-importer-media-addon

バグなどあったらプルリク下さいー。