Composer で WordPress 環境をさくっと立ち上げるやつを作りました。

普段は VCCW を好んで使っているんですが、ちょっとお手軽環境もほしいなぁとか、Composer をもっと積極的に WordPress に導入する方法は無いんだろうかとかいろいろ考えてた訳ですが。

というわけで、Composer WordPress Development Kit なるものを作りました。

Composer WordPress Development Kit

まぁ名前通りそのまんまですが、Composer で WordPress の開発環境作ったよ的な奴です。WordPress Packagist を使うと、WordPress のテーマやプラグインも Composer で管理出来ます。

プラグイン・テーマの検証とかフォーラム回答とかで、さくっと起動してさくっと使い捨てる環境ほしいときに便利です。たぶん。

また、WordPress と外部の PHP ライブラリや、JS フレームワークを組み合わせたアプリケーションのひな形的なものとして使えれば良いなーと思って作りました。

使い方

とりあえず、php・mysql・jq・composer を動くようにしてください。OS X の人は homebrew を使えば楽です。別に composer は phar をダウンロードして使っても大丈夫です。

その後、適当なディレクトリに、composer create-project をすると、ひな形が作成されます。

その後、config.json を編集し ./bin/provision.sh 実行すると、PHPのビルトインサーバーで、WordPress 環境が立ち上がります。

また、ディレクトリ構成を通常の WordPress からいじってあります。本体は、www/wp にインストールされますが、wp-content は www/wp の外側に出してあります。テーマとかプラグインをレポジトリに突っ込んで管理するにはやりやすいのかなーとは思います。

また、Composer でインストールされたものは、 mu-plugins に突っ込んで有り、autoload されるようになってるので、Composer で適当なライブラリをゴリゴリ放り込んでつかうのも有りかなとは思っています。

Built-in Server Helper

また、これを使ってると、WP-Cli で PHP のビルトインサーバーが起動するんですが、パーマリンクの設定画面を見ると、index.php が入ってしまうんですよね。

これをどうにかするためのプラグイン、Built-in Server Helper を作成しました。プラグインディレクトリにも公開してありますし、Composer WordPress Development Kit にも同梱してあります。

一応 PHP -S のほうでのビルトインサーバーのほうにも対応してますが、ルータースクリプトが無いので、URLに拡張子がついていると、そのファイルへのアクセスになります。そうすると 404 になるので、その場合は index.php 付きの URL をセットします。まぁ、WP-CLI 使えばいいと思います。

そのほか

とりあえず、WordMove にも申し訳程度に対応してますが、mu-plugins を使っているので、preバージョンの 1.4 からの対応です。

とりあえず、プラグインの検証とJS フレームワークと REST-API を組み合わせたアプリケーションのひな形として使っていこうかなと思ってます。

何かあれば issue とかプルリクとかくださいー。