WordPressのテーマの作り方その2

WordPressのテーマ作成その2です。

header,php,footer.php,sidebar.php

TwentyTenのテーマにもありましたが、これを使うと、共通部分をパーツ化することができます。
index.phpにもcategory.phpにも共通のヘッダー、フッターなどがあると思いますが、それを1つのファイルで済ませる事ができます。

という関数が記述してある場所に、header.php,sidebar.php,footer.phpがそれぞれ読み込まれます。
また、phpのincludeで読み込むと、WordPressで定義されている関数がheader.php等の中で使えないので要注意。

たとえばこんな風に使います。

header.php

index.phpないし、single.php,category.php等。

footer.php

また、ヘッダーにはwp_head()をフッターにはwp_footer()を入れるようにしましょう。これは、WordPress本体や、プラグインが出力するlinkタグ、metaタグ、scriptタグを出力する物です。

そして、小技ですが、

の用に引数を指定すると、header-hoge.phpを読み込んできます。

また、さらに小技ですが、

とすると、

ページにpage.php個別のテンプレートを適用する。

このページだけ、デザインを変えたい!というときがあると思います。そんなときによく使うのですが、WordPressのページにはテンプレートを個別に設定することができます。

とファイルの一番最初に記述すると、個別のテンプレートと認識されて、ページ属性のところからそのテンプレートが選択できるようになります。
ファイル名は特に何でもかまいません。

結構便利機能がたくさんありますので、じわじわ解説していけたら・・・・

つづく・・・?