jQueryで他のページの情報を読み込む

jQueryでAjaxをやるのって実際とても簡単なのです。
RSSリーダーやTwitterのFeed等を簡単に遅延読み込みとかできたり、ページ遷移無しに他のコンテンツをロードなど、色々できてしまいます。

load( url, data, callback )

超お手軽Ajax関数です。urlのページを表示します。また、urlの後ろにスペースを空け、続けてセレクタを書くと、その要素だけとってくることができます。

で、/hoge/の

ul以下を#loadAreaに表示します。

簡単ですよね?

jQuery.ajax()

jQueryでAjaxをやるときの親玉的存在です。
.load()のような手軽さは無いですが、色々細かい設定ができます。

loadDataには、取得したテキストデータが格納されています。

また、jQuery1.5から

のような書き方ができるようになったみたいです。解りやすいですねー。
また、xmlとかもdataTypeを指定するととってこれるので、他のAPIとかとの連携も楽ちんです。

jQueryを使うとAjaxとかが、思いの外簡単にできてしまいます。これであなたも楽しいAjaxライフを満喫できること間違いなし!